由良川河口に広がる砂浜

西が丹後由良、東が神崎のビーチ

豊かな水量を誇る由良川が若狭湾に流れ込む由良川河口に広がる長い砂浜です。河口の西側が丹後由良海水浴場(宮津市)のビーチ、東側が神崎海水浴場(舞鶴市)のビーチとなります。

丹後由良の砂浜は神崎より少し短いですが、白砂だけの良質なビーチが約1km以上続きます。

波打ち際はとても静かで、沖まで続く遠浅が素晴らしく安全で美しい海水浴場です。白砂の粒は細かくサラサラしており、水の透明度も申し分ありません。

海水浴場の西側には、山椒太夫伝説の中で安寿姫が1日3荷の塩水を汲んだとされる汐汲浜(しおくみはま)があります。西側には神社や石碑などもあるので、観光も含めての海水浴ならこちらがお勧めです。

釣りをされる方は、海水浴場の東側の由良川河口周辺の堤防などがお勧めです。良型のシーバスなどの実績が多数ある由良川河口は、釣り客にも人気のスポットです。