大浦半島で一番北のビーチ

東には漁船が浮かぶ情緒ある砂浜

若狭湾に突き出した大浦半島の中で、最北の岬が成生岬(なりゅうみさき)です。その成生岬の西の付け根にあるのが野原海水浴場(のはらかいすいよくじょう)と野原港です。

野原海水浴場は、漁港と砂浜が一緒になったようなビーチであり、まさに漁師町のビーチといった印象です。砂浜の長さは280m程度しかなく、且つ東側には船が係留されている為、実際海水浴場として利用できる幅は200m程度の小さなビーチです。

砂の粒は細かく、漁港の防波堤により波打ち際はとても波静かですが、遠浅はあまり出来ない構造をしていますので、お子様連れの場合は波打ち際で遊ばせましょう。

天気が良ければ、沖合(西向き)方向に里波見海岸(宮津市)や伊根の海岸線を望むことができます。

地図
釣り
野原漁港の横にある沖側防波堤から釣りを楽しむことができます。投げ釣りでキス、エギングでアオリイカなどが狙えます。夏はサビキ釣りがお勧めです。