3km以上続く天橋立の砂浜

日本三景の北側・府中にある海水浴場

日本三景のひとつ天橋立(あまのはしだて)は、3km以上にわたり松並木と砂浜が続く場所です。この3km以上の長い砂浜には宮津湾に面した2つの海水浴場があり、文殊側(南)を天橋立海水浴場、府中側(北)を天橋立府中海水浴場といいます。

円弧の小さな砂浜が延々と連続しているような海岸線からは、宮津湾のほぼ全てを見渡すことができ、その見晴らしは素晴らしいの一言に尽きます。

府中の砂浜は、かなり大きめの石が混じっているのが特徴的で、石の比較的少ない砂浜を望むなら少し南に移動するのが良いです。

ビーチの北側は護岸整備された海岸線となっており、その更に北に江尻漁港があります。