若狭湾に面した湾状の砂浜

神秘的なエメラルドグリーンの浜

丹後半島の鯛崎(たいざき)から野室崎(のむろざき)にかけての険しい海岸線の間に位置する小さな漁村・本庄浜(ほんじょうはま)にある、筒川が流れ込む長閑なビーチです。北側は浦島漁港です。

この本庄浜のビーチは、周辺の砂浜に比べエメラルドグリーンが強く感じられ、波静かな日のビーチ右側(南東側)の雰囲気は特に神秘的です。

砂浜は250m程の長さしかありませんが、筒川河口には大量の砂が堆積し、この河口でも砂浜同様に泳げるのが特徴です。但し、雨の後などは河口の流れが急になるのでご注意下さい。

砂は粒が細かいですが少し黒みがかった色をしており、よく見ると黒い砂や黄色い砂など、山からの砂も混ざり複雑な色合いをしていることがわかります。

一点注意ですが、本庄浜の防波堤は北側(漁港側)は高く安全なのですが、海水浴場側は消波ブロックなども低く、若狭湾からの波がこの消波ブロックを貫通し、波打ち際まで到達してしまいます。遊泳禁止などの指示があった場合は、指示に従い絶対に泳がないでください。

地図
釣り
本庄浜の北側にある浦島漁港は、一見釣りのできる堤防が沢山あるように見えますが、一番北にある北側防波堤は立ち入り禁止ですので釣りはできません。堤防釣りなら中央堤防と筒川の河口堤防での釣りとなります。但し河口堤防は低いので波が大きい日は波を被りますのでご注意下さい。