見晴らし自慢の小ビーチ

栗田半島と黒崎、冠島が見える浜

日置(ひおき)は、天橋立から北東方向にある若狭湾に面した風光明媚な場所です。そんな日置にあるのが日置海水浴場の小さな小さな砂浜です。

長さ100mにも満たない小さな日置の砂浜ですが、沖の見晴らしがよく、同市の栗田半島の複雑な海岸線を一望できることが魅力です。半島の先に突出した黒崎や、若狭湾に浮かぶ冠島まで見渡せ、宮津の他のビーチとは少し違った雰囲気を持っています。

但し、北よりの風が吹く日には、若狭湾からの風がまともに吹き込むので、波がたちやすく海水浴には不向きとなります。またビーチ右側は高い日置漁港の防波堤により視界が遮られ、あまり見晴らしがよくありません。

宮津湾は若狭湾の一部ですが、日置埼から北を若狭湾、日置埼から南を宮津湾と呼びます。つまり日置は宮津湾で最北のビーチということになります。