風光明媚な天橋立の砂浜

日本三景の南側・文殊にある海水浴場

日本三景のひとつ天橋立(あまのはしだて)は、3km以上にわたり松並木と砂浜が続く場所です。この3km以上の長い砂浜には宮津湾に面した2つの海水浴場があり、文殊側(南)を天橋立海水浴場、府中側(北)を天橋立府中海水浴場といいます。

円弧の小さな砂浜が延々と連続しているような海岸線からは、宮津湾のほぼ全てを見渡すことができ、その見晴らしは素晴らしいの一言に尽きます。

文殊側となるこの天橋立海水浴場の砂浜は、大天橋の近くに位置し、休憩できる茶屋も近く、海水浴グッズも売っているので府中側に比べて色々便利です。

大天橋が跨ぐ水路にて宮津湾と阿蘇海が繋がっており、ビーチ右側(南側)は、複雑で面白い波が立ちます。