山陰屈指のロングビーチ

京都で最高の見晴らしを誇る

山陰屈指のロングビーチ

小天橋海水浴場葛野浜海水浴場箱石浜海水浴場浜詰海水浴場夕日ヶ浦海水浴場と、5つのビーチが連続して全長6kmのロングビーチを構成しているのが、京都北部の京丹後市(久美浜町~網野町)です。このほぼ完全なる砂浜だけのロングビーチは、山陰屈指の規模を誇ります。

海水の美しさ、幅広い遠浅、白砂青松など、おおよそ日本海らしからぬお勧めのビーチは、景色や爽快感も最高です。5つもビーチがあると、思わずどのビーチで泳ぐか迷ってしまいがちですが、ロングビーチの両端となる小天橋海水浴場(写真上)と浜詰海水浴場(写真下)の周辺には、近郊にお店などもありますのでお勧めです。夕日ヶ浦、浜詰、小天橋の近郊には、宿泊可能な施設(民宿や旅館)が沢山ありますので、宿の好みなども十分考慮されて、ビーチを決定して下さい。

夕日ヶ浦海水浴場 網野町(京丹後市) 400m
浜詰海水浴場 網野町(京丹後市) 1800m
箱石浜海水浴場 久美浜町(京丹後市) 1000m
葛野浜海水浴場 久美浜町(京丹後市) 2000m
小天橋海水浴場 久美浜町(京丹後市) 1000m
6200m

極上の遠浅と白砂

日本海らしからぬ安全なビーチ

近代化された八丁浜海水浴場

日本海ドットコムでは毎年お馴染みのビーチ「八丁浜」は、砂浜全体が幅広い遠浅で構成される日本海でも珍しいビーチです。特に西側ビーチは、海岸線の向きやビーチの西にはCCZ堤防と呼ばれる防波堤などの影響により、沖からの波が打ち消され、子供でも安全な内海のようなビーチを実現しています。また八丁浜の良質な波はサーフィンでも有名です。

他の海水浴場と比べ、群を抜く近代化整備により、広大な大芝生の運動場、幼児向けの屋外遊具施設、トイレやシャワー設備に至るまで、日本海側でも珍しいくらい整備が行き届いているビーチのひとつです。このビーチの特徴は、浜店が極端に少ないこと。昼食を浜店でお考えなら、浜店の近くに拠点をおき、静かなビーチがお望みなら、浜店から離れた場所に陣取るという使い分けができる。

ビーチは大きく3つに分かれていて、浜店等の利便性を考えるなら中央ビーチ(中央駐車場)、波の穏やかで子供向けのビーチ&遊具と芝生をメインに考えるなら西側ビーチ(浅茂川側駐車場)、自然のままの何も無いビーチをお望みなら東側ビーチ(小浜側の駐車場)を選び分けることができます。


丹後松島に連なる円弧

日本らしいリアス式海岸の絶景

丹後松島の絶景ビーチ

丹後町は非常に美しいリアス式海岸線を誇る地域です。中でも犬ヶ岬から経ヶ岬(関西最北端)にかけての開催最北の海岸線は、美しい白砂青松の円弧のビーチや島&岬が連続し「丹後松島」と呼ばれる絶景を形成しています。

びんぐし、高嶋と呼ばれる2つの象徴的な岩の間に広がる平海水浴場高嶋海水浴場は大人向けの人気ビーチです。対照的に久僧海水浴場中浜海水浴場は、丹後町のビーチの中でも水深も浅めで子供向けのビーチといえます。

尚、袖志海水浴場は現在は夏でも営業していませんのでご遠慮下さい。

平海水浴場 丹後町(京丹後市) 800m
高嶋海水浴場 丹後町(京丹後市) 250m
久僧海水浴場 丹後町(京丹後市) 550m
中浜海水浴場 丹後町(京丹後市) 150m
袖志海水浴場
(現在営業していません)
丹後町(京丹後市) 300m
2050m