名勝立岩を背景に海水浴

赤い砂利のような砂浜

人気の町・間人(たいざ)の最寄りビーチと言えば、名勝立岩(たていわ)を望む立岩後ヶ浜海水浴場です。間人の街から車で3分程度でアクセスできるこのビーチからは、間人の街並みが確認でき、ビーチ東には名勝「立岩」が聳えます。立岩後ヶ浜のビーチの砂は、その粒が大きく赤みを帯びているので、ビーチの波打ち際は、赤く見えるのが特徴です。

丹後町の海水浴場は、どのビーチも水が非常に澄んでいて透明ですが、この立岩後ヶ浜海水浴場の水も非常に透明です。遠浅はほとんどないのが特徴ですので、波打ち際で楽しむタイプのビーチとお考え下さい。またお子様連れの場合は、必ず手の届く範囲で、遊ばせるように心がけて下さい。

立岩の周辺は一気に水深が深くなりますので、シュノーケリングにはもってこいのポイントです。大きな魚も回遊しておりますので、非常にお勧めのシュノーケリングポイントです。但し波のある日には立岩には絶対に近づかないで下さい。

地図
名勝立岩
竹野川河口の砂洲にそびえ立つ大きな柱状摂理の玄武岩。周囲が約1kmにも及ぶ全国有数の一枚岩柱状摂理の玄武岩の姿は圧巻です。ここは古代に大陸からの渡来船が漂着したところといわれる。また、用明天皇の皇子で聖徳太子の異母弟といわれている麻呂子親王の鬼退治伝説の地でもある。
投げ釣り
立岩後ヶ浜といえば、投げ釣りのポイントとしても有名です。立岩後ヶ浜で連れるシロギス(キス)は、手の平をゆうに越える大物(25cm以上、テッポウギスとも呼ぶ)も数釣りができることが魅力です。投げ釣りは6月から夏にかけてが良型があがりますが、夏のシーズンの投げ釣りは、付近に人がいないことを十分に確認してから行って下さい。
動画